船木幼稚園で親と子の交通安全教室

 親と子の交通安全教室は十一日、船木の船木幼稚園(岡崎善麿園長)であり、園児とお母さん約百人が横断歩道の正しい渡り方を勉強した。JA山口宇部主催。 小さいころから、交通安全についての意識を高めてもらおう、と自賠責保険事業を委託運営しているJA山口宇部が年二回、市内の幼・保育園で開いている。講師は、県警本部交通安全企画課の大村秀一警部補、槌屋泰子巡査部長、小野田警察署の秋本主計警部補が務めた。

 左右の安全を確かめながら横断する園児(船木幼稚園で)

カテゴリー:アーカイブ2004年11月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single