市水道局がPR・災害時用のペットボトル飲料水製造

 宇部市水道局(今井信之局長)は、水道事業のPRと災害時備蓄用のため、ペットボトル飲用水「カッタ君のふる里うべの水」を製造した。県内では下関水道局、柳井地域広域水道企業団に次いで三番目。
 完成したペットボトルは五百ミリリットル入り三千六百本。同局の中山浄水場で緩速ろ過した水を、広島県内の業者でペットボトル詰めした。賞味期間は二年間。水道法では基準のない腸球菌など特殊な細菌検査も、大分県薬剤師会で実施し、万全を期した。ラベルには常盤公園とカッタ君物語のキャラクターをデザインしている。

 安全でおいしい水をPRする市水道局のペットボトル飲用水

カテゴリー:アーカイブ2004年11月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ