合併記念式典で新市の門出を盛大に祝う

 宇部市と楠町が合併し、一日に新しい宇部市が誕生。午前十時から記念会館で合併記念式典が行われ、約千三百人が出席して、新市の飛躍と発展を願った。午後からは、記念植樹やちょうちん行列も行われ、盛大に新市の門出を祝う。平成の大合併は、県内四番目。
 両市町は昨年三月に合併協議会を設置。新市建設計画の協議を重ね、議会での議決や総務大臣の告示を経て、合併当日を迎えた。新宇部市は七万五千六百九十七世帯、人口は十八万五百七十二人(十一月一日現在)で、下関に次ぎ県内二番目。面積は二百八十八平方キロで五番目の広さになった。市木はクスノキ。市花はサルビアとツツジ。

 新市の発展に向けて式辞を述べる藤田市長(1日午前10時20分、記念館で)

カテゴリー:アーカイブ2004年11月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single