超大型台風23号あす午後再接近

 超大型で強い台風23号は、十九日午前十時現在、那覇市の南南西約一七〇キロの海上にあり、時速一五キロで北へ進んでいる。強風域の半径が中心から八〇〇キロと勢力範囲が広いのが特徴で、宇部地域は十九日夜から強風域に入り、二十日午後に最接近する見込み。長時間にわたって強い風と雨に見舞われる可能性があるため、市防災課などでは今後の情報に注意するよう呼び掛けている。
 台風23号の中心気圧は九五〇ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は四〇メートル、中心から二二〇キロが暴風域となっている。西寄りに進路を変えながら日本列島を縦断するコースを取るとみられており、市民生活への影響が心配されている。
 十九日夕方以降の宇部港の満潮時間は、十九日午後十一時四十四分、二十日午後一時三十六分。市防災課では「超大型なので中心から離れていても強風が吹く。局地的な大雨、高潮と併せて十分に警戒を」と呼び掛けている。

カテゴリー:アーカイブ2004年10月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single