山陽小野田市来年3月22日誕生へ向け調印

小野田市と山陽町の合併協定書の調印式が十八日、小野田市のいこいの村江汐で開かれた。杉原記美市長と国沢賢之進町長が、来年三月二十二日の「山陽小野田市」の新設合併を明記した書類に署名・押印し、固い握手を交わした。今週中に開かれる両市町の議会での承認を待って、県知事に合併を申請する。 協定書には、小野田市・山陽町合併協議会(会長・杉原市長)で、一年半にわたって調整してきた新市名称や庁舎の位置など基本四項目を含む五十項目すべてが盛り込まれている。調印により、合併協議の一連の手続きが完了した。 調印式に先立ち同所で行われた第二十三回合併協議会で、財政計画などを盛り込んだ新市建設計画が十四日付で、県から「異議なし」との回答通知が得られたことが報告された。

 調印後、固い握手を交わす杉原市長(左)と国沢町長

カテゴリー:アーカイブ2004年10月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single