「地溝」が4年半ぶりに地上へ

 第十五回現代日本彫刻展(一九九三年)の出展作で常盤公園に埋設されていた『地溝』が八日、作者の西雅秋さん(57)=埼玉県飯能市=の立ち会いの下、掘り起こされた。来週末に神奈川県で開かれる展示会に搬送するためで、同作品が地上に姿を現すのは二〇〇〇年二月以来、四年半ぶり。

 掘り起こされる「地溝」(常盤公園で)

第15回現代日本彫刻展出展時の「地溝」

カテゴリー:アーカイブ2004年10月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ