中村さん(高専2年)と澤助教授が語学研修で豪州ニュ大へ

 宇部高専(幡中憲治校長)の国際交流基金が正式に発足し、十日から豪州のニューカッスル大に、専攻科二年の中村明日香さん(21)と、澤泰人助教授(32)が、基金の支援を受けて語学研修に出発する。同大への派遣は初めて。
 物質工学を専攻している中村さんは、十一月十三日までの日程で、ホームステイをしながら通学する。「化学メーカーに就職することが決まったが、職場の半数はさまざまな国から来た人たち。十分にコミュニケーションが図れるように、異国の文化や風習も吸収したい」と意欲。
 英語科の澤助教授は、十五日まで五日間の日程で、同大語学センターの授業を見学し、研修プログラムを学ぶ。「コミュニケーションの部分が、どう磨かれているかを学び、授業で生かしていきたい」と抱負を話した。

 幡中校長(右)から出発の激励を受ける中村さんと澤助教授(宇部高専で)

カテゴリー:アーカイブ2004年10月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ