大野さんが西条市への救援物資の提供を呼びかけ

 台風21号で大きな被害が出た愛媛県西条市に、九日から二泊三日の日程で復旧活動に赴く団体職員、大野誠さん(33)=宇部市中村=は、復旧で使う平スコップや古タオル、ウエスの寄贈を広く市民に呼び掛けている。
 台風21号は九月二十九日に九州、四国に上陸し日本列島を横断。多いところでは八〇〇ミリを超す豪雨をもたらし、三重県宮川村や愛媛県新居浜市では特に大きな被害が出た。西条市でも死者三人、行方不明者一人、床上浸水三百七件、床下浸水千百二十五件の被害。しかし、他の被災地の陰に隠れ、災害復旧のための人も物資も十分に届いておらず、いまだに一部地域で避難勧告や指示が出ている。
 物資の受け付けは八日午前十時までに、市民活動センター青空(電話36―9555)か、市社会福祉協議会ボランティアセンター(電話22―4378)へ。浄財は、NPO法人防災ネットワークうべが郵便局に開設している口座(01320―5―11513)へ。

 西条市への災害復旧支援を呼び掛ける大野さん

カテゴリー:アーカイブ2004年10月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ