県アクティブシニア協会が初のセミナー

 県アクティブシニア協会(AYSA=アイサ)西部支部主催の初めてのシニアセミナーは二十一日、新天町一丁目の市民活動センターで二十人が受講してあり、関心の高い年金問題について学んだ。 アイサは県内在住の民間企業OBが結集し、定年後も自分の経験、知恵、技術、人脈を、中小企業の支援や開発途上国への技術支援など社会に還元しようという組織。その一環として、西部支部が同会会員を講師に、初めてセミナーを開いた。四回シリーズの初回は、社会保険労務士の藤井悌一さんが「公的年金はこれからどうなるだろうか」のテーマで話した。

 公約年金について説明する藤井さん(市民活動センターで)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ