85歳の松浦さん、いきいき奉仕活動

男性の平均寿命が七十八・三六歳、女性が八十五・三三歳(厚生労働省発表)と世界に名高い長寿社会日本。高齢者が培った知識や経験を生かし“生涯現役”の心意気で社会参加する機会が多くなった。二十日は敬老の日。 今年で八十五歳と、阿知須町シルバー人材センター最高齢会員の松浦正勝さん(砂郷一区)はその一人。「同年代とのつながりが広がり、勤め時代とは違う仕事を体験することで充実感に包まれますね」と、生きいきとした日々を送っている。 松浦さんは二〇〇二年四月の同センター設立時から登録。唯一の八十代として、現在は月一、二回、草刈りやきららスポーツ交流公園にあるトリムの広場の監視員として活躍している。

 草刈りに汗を流す松浦さん(阿知須町のJR岩倉駅そば)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single