台風禍で花壇コンクール中止に

 市民生活に大きな被害を与えた台風18号の影響で、第八十六回秋の花壇コンクールが中止となった。宇部市と市緑化運動推進委員会(会長・藤田忠夫市長)は十六日、市役所で臨時の委員会を開き、中止を決定。一九六〇年代から続く春と秋の花壇コンクールは“緑と花と彫刻のまち宇部”を支える伝統の行事。事務局の市公園緑地課では「台風による中止は、おそらく初めてではないか」と話している。 今回の台風では、市東部を中心に全域で、強風や塩害による大きな被害が出ており、小羽山、西宇部両小や宇部興産宇部ケミカル工場など、花づくりの“ベテラン組”の花壇も壊滅状態となっている。

 台風で壊滅した花壇の後始末をする国司さん(東岐波花園で)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ