トラック協宇部支部が「事故多発マップ」更新

 県トラック協会宇部支部(今坂昭二支部長、百三十事業所)は、二年ぶりに「交通事故多発マップ」を更新した。十日には松尾勝副支部長と三宅和夫事務局長が市役所を訪れ、大小合わせて八百枚のマップを市に寄贈。交通事故防止に役立てられる。
 同マップは同支部が管轄する宇部市、小野田市、楠町、山陽町の二市二町で、人身事故の発生が目立つ場所や、渋滞する場所を紹介している。トラックに限らず、乗用車の事故防止になれば、と二〇〇〇年から製作し、今回で三作目。
 マップに関する問い合わせは、同支部(電話31-5542)へ。

 更新された3作目の事故多発マップ

藤田市長にマップの説明をする松尾副支部長(中央)と三宅事務局長(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ