台風停電、今日中の完全復旧全力

 台風18号による中国電力宇部営業所管内(宇部、小野田、美祢、楠、阿知須、山陽の三市三町)の停電世帯数は、十日午前三時に七百五十世帯まで減ったが、前日からの雨で新たな送電不良が発生し、同七時には東岐波と川上の両小・中学校を含む五千三百世帯になった。「十日中の完全復旧」を目指して、残る停電地域の修理が精力的に行われている。
 台風のダメージが残る宇部市内の交通網。停電の影響で運休が続いていたJR宇部線は、十日の始発から宇部駅-宇部新川駅間で運転を再開したが、ほかの区間と小野田線では具体的な復旧のめどが立たない状況となっている。宇部新川駅によると、七日以降、両線を合わせて延べ約七千八百人の足がストップしているという。

 復旧作業に励む中国電力の関係会社の社員(西岐波岡ノ辻で)

一部区間で運転を再開したJR宇部線を利用する乗客(10日午前9時半、宇部新川駅で)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ