夜の熱帯植物館を目と舌で楽しむ

 常盤公園の熱帯植物館で五日、「夜の熱帯植物観察と熱帯果物試食会」が開かれ、約百人がトロピカルなムードと味覚を満喫した。同館友の会・トロピカルフレンズ(梶返昭二代表、百五十人)主催。
 水銀灯の光に映える熱帯植物を観察できるのは、一年に一度だけ。参加者たちはトロピカルフレンズの末広雄次行事委員長の案内で、夕方の館内に入り、ベゴニアやサボテンなどを見て回った。
 試食会では、においが強烈なドリアン、星型のスターフルーツ、サボテンの実、ドラゴンフルーツなど十種類のトロピカルフルーツを味わった。健康にいいとブームになっているグアバやマンゴー、ライチなどのジュースも試飲。最後はアジアン雑貨やサボテンアイスの当たる抽選会で盛り上がった。

 末広委員長の説明を聞きながらサボテンを観察する参加者たち(熱帯植物館で)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single