猟友会小野田支部が草刈りボランティア20周年記念植樹

 猟友会小野田支部(谷川達男支部長)は五日、菩提寺山で草刈りボランティア二十周年を記念して記念植樹した。
 同山は一九七九年、山林火災により十ヘクタールを焼失した。同支部は山林を復活させるため、八四年に千本以上を植樹。その後も毎年、苗木や登山道周辺の下草刈りを続けてきた。こうした活動によって、一面焼け野原となっていた斜面の山林は回復。現在では火災の痕跡はほとんど分からないほどになっている。

 猟友会小野田支部の草刈りボランティア20周年記念植樹(菩提寺山で)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ