きらら浜のカイツブリ、人工巣台で快適子育て

 阿知須町のきらら浜自然観察公園で、鉄筋を利用した人工の巣台が淡水池に設置され、カイツブリが営巣。八月初旬にはひな三羽がふ化し、元気に育っている。海岸に隣接し、風の影響を受けやすく、これまで巣作りの難しかった同公園で、安定した巣にカイツブリも一安心。天敵のカラスよけの工夫もあり、“一石二鳥”の巣台になっている。

 カラスよけの金網の付いた巣台で子育てするカイツブリ(きらら浜自然観察公園で)

カテゴリー:アーカイブ2004年9月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single