異種仲良く「連理の巨樹」

小野田市くし山一丁目の窪井満さん(81)宅の雑木林で、幹の一部がくっつき、交差しながら伸びているクロガネモチとクヌギの巨樹が見つかり、近所の話題を呼んでいる。 高千帆小裏の広大な敷地を開墾している最中に見つけた。根元は違うが、三本に分かれたクロガネモチの間にクヌギが割って入り、間を縫うように伸びている。「くっついている部分の状態は分からないが、連理の枝ならぬ連理の巨樹では」と珍しい現象を命名した。

 重なり合って伸びる2種類の巨樹(くし山の窪井さん宅)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ