西村夫妻が小規模デイサービスセンター開所

知的障害者、高齢者の指導員や生活相談員を務めて三十四年。“福祉のプロ”が、宇部市内では珍しい有限会社による通所介護・居宅支援事業所「てご屋デイサービスセンター」を九月一日、常盤台一丁目にオープンさせる。てご屋とは、手伝いするという意味の方言「てごうする」「てごする」から名付けた。スタッフは「高齢者や障害者の自立の手伝いをしたい」と張り切っている。 デイサービスセンターを開設するのは、善和園や日の山園、つくし園で障害者や高齢者の指導、介護に携わってきた西村信正さん(56)、由美子さん(58)夫妻。きっかけとなったのは、以前デンマークで視察した、学校単位で設置された地域ごとの小規模通所施設。障害者や高齢者が一緒に過ごす支援施設に感動し、同様の施設の設置が長年の夢だった。

 デイサービスセンターを開く西村さん夫妻(常盤台1丁目のてご屋で)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ