台風16号、29日にも強風域か

 大型で非常に強い台風16号は二十七日午前九時現在、南大東島の東約三八〇キロの北緯二六度五分、東経一三五度の海上にあって、毎時一〇キロの速度で北に進んでいる。宇部市防災課によると、早ければ二十九日午後から宇部市は強風域に入り、三十日から三十一日にかけて最接近すると予想。今後の気象情報に注意を呼び掛けている。
 同課では「九州の南から九州の西を北上する可能性が比較的高く、九州上陸の恐れも出てきた。ただ進路を変えるタイミングにばらつきがあり、九州南岸に長時間停滞する可能性もある」と話している。

カテゴリー:アーカイブ2004年8月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ