厚狭高、南校舎を部分改修

 校舎の老朽化が著しい厚狭高(八幡フミエ校長)の南校舎で、部分改修工事が行われている。はく離、落下などの恐れがある外壁を塗り替えるなど、安全な教育環境を整える。
 同校舎は一九六二年の管理棟、翌年の特別教室棟と、ほとんどが築四十年を経過。激しい老朽化からここ数年、はく離した外壁の小さなかけらが、たびたび落ちてきていたという。工事は十一月中旬までかかる見通し。

 改修工事のため、足場が組まれた校舎(厚狭高南校舎で)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single