小野田サンパークで現代ガラス展が開幕

 第二回「現代ガラス展inおのだ」が、二十一日から小野田サンパークで始まった。九月二十日までの期間中、若手作家の意欲作六十七点が公開される。同展実行委員会、市、市教育委員会主催、文化庁、県、日本ガラス工芸協会、市文化協会、宇部日報社など後援。 河村建夫文部科学大臣、杉原記美市長ら九人によるテープカットで開場。大賞の吉田薫さん(富山市)の「古(いにしえ)の気配Ⅳ」、準大賞の静観朋恵さん(同)の「なみに」など、さまざまな技法を駆使した個性豊かな作品が並び、訪れた市民の目を楽しませた。初日は入賞作家九人も顔をそろえ、作品解説を通じて市民と交流した。

 テープカットする河村文科大臣、杉原市長ら(21日午前11時、小野田サンパークで)

作品に見入る市民(21日午前11時、小野田サンパークで)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single