18日に夏休み航空教室

 飛行機や空港の魅力に触れる「夏休み航空教室」は十八日、山口宇部空港会館で開かれ、小・中学生六十人が、整備士の話に耳を傾けた。速度計やフライトレコーダー、一つが三百万円もするファンブレードといった航空機部品の紹介もあり、子供たちは興味津々で見たり触ったりしていた。山口宇部空港利用促進振興会、日本航空(JAL)など主催。

 翼の役割を紹介する実験を見る子供たち(山口宇部空港会館で)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ