藤山小の学習田にかかし登場

 きょう七日は「立秋」。まだまだ暑さは厳しく、六日には宇部市街地で最高気温三一・八度(市防災課調べ)を観測。夏の終わりには程遠いといった印象を受ける。こうした中、藤山小(徳永幸枝校長)の五年生九十八人が世話をしている藤山浜田の学習田に、かかしが登場。一足早く秋の光景を演出している。

 田に入ってかかしを設置する児童(藤山浜田で)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ