10月9日は「キツネの嫁入り」

 白むく姿の花嫁が子ギツネらと練り歩き、結婚式を挙げる「キツネの嫁入り」が、十月九日午後一時から中津瀬神社をメーン会場に行われる。実行委員会の宇部新天町名店街協同組合(美澄武理事長)と市常盤通振興会(山本哲夫会長)では、参加者を募集している。
 花嫁と花婿は、実際に結婚式を挙げるカップル。応募者多数の場合、審査で決定する。募集は三十一日まで。お供行列は十八歳以上の男女各二十人程度。子ギツネ行列は幼保育園児。白のタイツと長そでシャツが必要となる。
 募集要項は新天町サービスステーション、宇部井筒屋、エムラ宇部支店、トキワ宝石宇部本店、中津瀬神社社務所などに置いてある。
 問い合わせは実行委員会事務局となる宇部井筒屋(電話35―8105、35―8163)の高村さん、藤井さんへ。

カテゴリー:アーカイブ2004年8月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ