そうめん流しや七宝焼に挑戦

 小野田市赤崎公民館主催の七宝焼教室は三日、同館であり、親子四十人が色彩豊かな手作りのキーホルダーやペンダントを制作した。
 校区内の小学生とその保護者を対象にした、夏休み子供教室の第二弾。初回はピザ作り、三弾の十八日は切り絵を行う。
 有帆児童館の「和紙であそぼう」は三日、同児童館であり、二十三人の小学生がちぎり絵のうちわづくりに取り組んだ。
 ボランティアの和紙人形教室の三人がカラフルな和紙を用意。子供たちは和紙をさまざまにちぎり、無地のうちわに思い思いに張り付け、仕上げていった。
 山陽町の厚陽団地自治会(瀬井達也会長)で三日、ネイチャーゲームやそうめん流しなどのふれあい行事があり、小学生や住民ら三十人が参加した。昼食は同自治会の児童公園でそうめん流し。勢いよく流れてくるそうめんにはしを伸ばし、涼を感じる風物詩を楽しんだ。

 色彩豊かなペンダントなどを作る子供たち(赤崎公民館で)

子供たちに好評だったそうめん流し(厚陽団地児童公園で)

カテゴリー:アーカイブ2004年8月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ