県知事選、6割が「関心がある」

 知事選投票日まで、残り一週間を切った。宇部日報社では、宇部、小野田、阿知須、山陽、楠の二市三町に住む有権者を対象にアンケートを行い、三百四人から回答を得た。猛暑に加え、参院選後の“選挙疲れ”から低投票率が心配されているが、約六割が「関心がある」、七割以上が「投票に行く」と回答。争点が見えにくいといわれる中で、新しい知事には「景気雇用対策」を最も強く期待していることが浮き彫りになった。

 

カテゴリー:アーカイブ2004年8月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ