1942年の周防灘台風水害写真

 がれきとなった家屋を片付けている人々。右側に、どこからか流されてきた出征兵士ののぼりがはためく。一九四二年八月二十七日に宇部市沿岸部に甚大な被害をもたらした周防灘台風の直後、厚南塩屋台で撮影された一枚だ。市立図書館付設の郷土資料館に、この写真を含む百点余りの水害関係の写真が残されていることが分かり、関係者の注目を集めている。
 写真資料は、どこで撮影されたのかを特定するのが難しいものもあり、市防災課は災害状況が分かるものを整理してパネルにし、八月二十七日に厚南小で行う市総合防災訓練や、年二回の防災パネル展で、市民に公開することにしている。

 風水害後の惨状を伝える1枚(郷土資料館所蔵)

カテゴリー:アーカイブ2004年7月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single