サッカー五輪代表メンバーに高松選手

 アテネオリンピックに出場するサッカー男子日本代表メンバーに、宇部市出身のJリーガー、高松大樹選手(22)=大分トリニータ=が選ばれた。日本サッカー協会が十六日、選手十八人を発表。代表への厳しい競争を勝ち抜き、アテネ行きの切符を手にした選手の中に、高松選手も名を連ねた。
 高松選手は一九八一年九月八日生まれ。岬小三年でサッカーを始め、常盤中から多々良学園高に進学。同校では、インターハイ、高校選手権で活躍した。卒業後、大分へ入団。ポジションはフォワード。身長一八一センチ、体重七二キロ。代表には昨年から定着し、今年三月の五輪最終予選UAEラウンドでは、レバノン戦、UAE戦で連続ゴールを決めるなど、出場権獲得に貢献した。

 オリンピック代表に選ばれた高松選手

カテゴリー:アーカイブ2004年7月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single