熟年者対象に水中運動のユニーク教室開講

 小野田市は今年度から、六十歳代の熟年者を対象にした「いきいき水中運動教室」を開催する。泳ぐのではなく、適度な運動を続け、健康な体づくりを目指す。水中では、ひざや腰への負担も少なく、個人差はあるが、生活習慣病の予防やダイエットなどの効果も期待できるという。県内では阿武町、光市に次いで三番目の取り組み。
 健康ブームにより、幅広い年代が、ウオーキングやジョギングで健康維持に励んでいる。が、加齢により、足腰への負担が不安になったり、運動不足になったりした人は、消極的になりがち。同教室では、日ごろ体を動かさない人の参加を呼び掛けている。
 対象は市内在住の六十歳から六十九歳までの水中歩行ができる人。泳げなくても良い。病気療養中の場合は、医師の許可が必要。全回受講できることが原則となる。定員は四十人で、参加料は千五百円。送迎が必要な人は、毎月別途五百円。応募多数の場合、抽選となる。希望者は、往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、二十日までに〒756-0808小野田市旭町、市保健センター(電話84-1220)へ。

カテゴリー:アーカイブ2004年7月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single