小野田市・山陽町合併協、新市名称、事務所の位置を集中審議へ

小野田市・山陽町合併協議会(会長・杉原記美市長)は二十九日、小野田市商工センターであり、合併基本四項目のうち先送りになっていた「新市の名称」「事務所の位置」について、小委員会を設置して集中審議することを決めた。合併協議の進ちょく率が70%を超える中で、住民の注目が集まる重要案件の協議がようやく再開する。
 新市の名称は全国から公募した名前を、委員の投票で評点の高い順から十点に絞り込んだ。三月の協議会では、初の選考委員会を設置して一点に決め、最終報告するという流れを提案したが、合意形成できず、事務局に差し戻された状態で三カ月が過ぎていた。

カテゴリー:アーカイブ2004年6月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single