小野田・山陽、来月電算事務統合に着手

 小野田市と山陽町は合併を前提とした初の共同事業として、七月早々にも電算事務のシステム統合に着手する。両市町の六月定例議会で、統合経費を盛り込んだ補正予算が承認された。合併協議の中で合意している来年三月末の新市誕生までに整備を済ませる。
 住民サービスや各種行政事務を、合併時に支障なく円滑に引き継ぐことが目的。両市町の合併協議は、新市名や庁舎の位置、議員の処遇など重要案件を積み残しており、これから大きなヤマ場を迎えるが、システム統合の準備作業には相当期間を要すため、六月議会をタイムリミットとして、両市町が足並みをそろえて予算措置した。

カテゴリー:アーカイブ2004年6月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single