小野田市と山陽町の合併、期限内困難に

 小野田市と山陽町の合併が、来年三月末に控えた合併特例法の期限に間に合わない恐れが出てきた。六月定例小野田市議会一般質問初日の十五日、尾崎謙造企画調整部長が中元稔議員(きらり)の質問に答え「合併特例法の一部改正による期限延長も視野に入れ、協議を進めていきたい」と、新市誕生が遅れる可能性があることを示唆した。
 合併協議会はこれまでに十三回開かれ、五十の協議項目のうち三十五項目が承認された。進ちょく率は70%だが、新市名、庁舎の位置、議員の処遇など肝心な項目の審議は、これからヤマ場を迎える。

カテゴリー:アーカイブ2004年6月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ