イラクで橋田さんの車、襲撃される

 在イラク日本大使館から外務省に二十八日未明入った連絡によると、イラクの首都バグダッド近郊で二十七日、日本人フリージャーナリスト二人の乗った車両が襲撃された。同省によると、二人は橋田信介さん(61)=宇部市出身、バンコク在住=、小川功太郎さん(33)=同=で、安否は不明。小川さんは元NHK鳥取放送局ディレクター。襲撃された車の一人が死亡し、一人が負傷したとの情報もある。
 同省は二十八日午前、緊急対策本部を設置したほか、首相官邸も対策室を立ち上げた。同大使館は連合国暫定当局(CPA)に協力要請を行うなど、情報収集に全力を挙げている。
 同省によると、二十七日夕、日本人二人が現地の運転手の車でバグダッドの南約三十キロのマハムディヤの国道を走行中、銃撃された。運転手が車から逃れた後、車は爆発、炎上した。車には日本人二人とイラク人運転手と通訳の四人が乗っていた。後ろから来た車一台に追いつかれて銃撃された。
 運転手は負傷し、病院に収容された。運転手のおじが同日午後八時半(日本時間二十八日午前一時半)ごろ、日本大使館に連絡した。日本大使館関係者が同病院に行き、運転手から事情を聴取。運転手が二人の写真を持っており、二人とも大使館に出入りして顔見知りだったことから、橋田さんと小川さんと判明した。
 橋田さんと小川さんはおじとおいの関係。二人は二十七日朝バグダッドから陸上自衛隊が活動しているサマワに取材に行き、日帰りでバグダッドに戻る途中だったとみられる。橋田さんらは二十七日午前十時(日本時間午後三時)、サマワの自衛隊宿営地を訪問、橋田さんが宿営地の立ち入り取材証を受け取り、昼食をとった後、出発した。同省によると、小川さんがイラクに入国したのは確認していたが、橋田さんの入国は把握していなかったという。
 イラクで日本人が巻き込まれた事件は、昨年十一月、日本人外交官らの乗った車がバグダッドからイラク北部のティクリットに向かう途中で銃撃され、外交官二人が殺害された。今年四月には日本人計五人が相次いで武装グループに拘束されたが、いずれも無事解放された。
 宇部市海南町出身。法政大卒業後、日本電波ニュース社に入社。ベトナム戦争当時、ハノイに駐在し日本にニュースを送り続けた唯一の日本人ジャーナリスト。一九八八年に退社し、フリーとなった。ニュース・ボックス・アジアを設立し、タイ・バンコクを拠点に、アジアを中心にした報道番組を制作した。「大韓航空機爆破事件」では、アンダマン海に墜落した機体を発見し、その引き揚げの様子を撮影。「湾岸戦争」では、イランに避難したイラクの戦闘機を発見、また、軟禁状態のアウン・サン・スー・チー邸を撮影するなどスクープを連発し、米CNNなどで全世界に流された。カンボジアやパレスチナの内戦、アフガン戦争などを取材。日本のフリージャーナリストの指針に大きな影響を与えてきた。
 小川さんは草江一丁目出身。昨年、NHKを退職し、橋田さんと組んでイラク取材にかかわっていた。
 小川さんの父、博さん(63)は「午前五時半ごろ、外務省から連絡が入った。一週間前、息子からEメールで『元気でやっています』と伝えてきた」、橋田さんの母、みねさん(82)は「会うたびに、いつも『命を懸けてする仕事じゃないでしょう。気を付けてね』と言ってきました」と、肩を落としていた。橋田さんの夫人、幸子さん(静岡県清水町)は「主人は戦場で亡くなったのなら本望でしょう」と話した。
 橋田さんの著書は、旧ウベニチ新聞に連載したエッセーをまとめた『メコン河の風にのせて』(九一年)のほか『走る馬から花を見る』(九三年)などがあり、近著『イラクの中心で、バカとさけぶ』が好評だった。
 今月七日、フジグラン宇部の喫茶店で「自己責任」についてのインタビューをした。古里を愛した橋田さんは、宇部ラーメンを食べるのを楽しみにしていた。忙しい仕事の合間を縫って帰国すれば、必ず帰郷した。
 一八〇センチ程度もある長身でひょうひょうとしていて、どんな戦場の話をしても、笑顔を絶やさない明るい性格だった。
 「(戦争の取材)怖くないですか」との質問に「百%安全な日常はない」という答えが印象的だった。そして「安全な道を知っているから」と付け加えた。
 還暦を迎えた時、引退を決意したが、身内の小川さんが後継者となったことで気持ちが軽くなったようで、もう一度、戦争取材に意欲を燃やしていた。
 今回の帰郷で橋田さんは「まだ内緒だけど、バグダッドで戦災に巻き込まれ、左目を失った少年を六月初めに日本に招待。その手術をするための橋渡し役として行くんだ」と張り切っていた。

カテゴリー:アーカイブ2004年5月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ