市防災会議が対策協議

 宇部市防災会議(会長・藤田忠夫市長)が二十七日、市男女共同参画センターで開かれた。梅雨期を前に関係機関の約三十人が、市内の災害危険個所や過去の被害状況を再確認し、発生時の連携強化を申し合わせた。
 会議では、危険ため池に大迫(厚東)と上笹原(同)の二カ所が追加されたことや、避難場所に東岐波の前田集会所が加わり、市内六十三カ所になったことなどが伝えられた。

 災害に強いまちづくりを呼び掛ける藤田市長(市男女共同参画センターで)

カテゴリー:アーカイブ2004年5月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ