拉致被害者家族の国広さんが記者会見

一九七六年八月に宇部市恩田町の自宅から外出したまま行方が分からなくなった国広富子さん(当時二十四歳)の帰宅を待ちわびる妹二人が二十二日、小泉首相の北朝鮮訪問を受けて宇部記者クラブで会見した。首相の帰国会見をテレビで観た妹の辻口文子さんね(38)と津森美樹さん(37)は「訪朝前は期待が薄く、不安でいっぱいだったが、思っていたように薄い期待すら叶わなかった。打ち砕かれた気持ちでいっぱい」と残念な思いをあらわにした。

カテゴリー:アーカイブ2004年5月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single