琴崎八幡宮で夏越の大祓

20090801a.jpg 琴崎八幡宮の夏越の大祓(なごしのおおはらえ)は1日、宇部市大小路の同宮で開かれた。訪れた参拝者たちは鳥居に取り付けられた茅の輪をくぐり、家内安全や無病息災を祈願した。


 知らず知らずのうちに犯している罪をはらい清めるもので、平安中期から続く行事。茅の輪は直径2㍍あり、上宇部老人クラブの会員らが製作した。
 神事の後、白石宮司に続いて氏子らが正面-左回り-右回り-左回りの順に茅の輪をくぐった。隣接する琴崎保育園の30人も参加。先生や友達と手をつなぎ、元気いっぱいに歩みを進めていた。

カテゴリー:アーカイブ2009年8月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ