厚南で子供たちがカエルやヤゴを観察

20090801a.jpg 厚南小の子供たち30人が30日、厚南体育広場横の学習田で生き物を観察し、自然や田んぼへの興味を深めた。


 子供たちは用水路に沿って歩き、カエルやオタマジャクシを網ですくい取った。水を張った大きなたらいに集めると、ヌマガエルやオタマジャクシ、ギンヤンマのヤゴ、メダカ、ドジョウ、希少なトノサマガエルなどが確認できた。
 校区コミュニティー推進協議会が中心となり、、校区地域活動(母親クラブ)などの協賛、協力を得て、講師に県環境パートナーで、里山ビオトープ二俣瀬を世話している西原一誠さん(中野開作)を講師に招いた。
 最初は恐る恐るだった女の子も、途中からカエルを手のひらに乗せて優しく触るなど、生き物に親しんだ。西原さんに種類や生態などを教わり、数を確認した後、元の場所へと戻した。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ