豪雨被害の写真・情報コーナー設置

20090731b.jpg 山口県は30日、今月下旬の豪雨による被災地や麻生太郎首相の現場視察などの写真を中心とする情報コーナーを、県庁1階エントランスホールに設置した。


 21日の豪雨によって起きた大規模な土砂災害などで、県内で犠牲者16人、行方不明者1人を出した(30日現在)。県民に土石流の怖さを認識してもらい、防災意識の高揚を図るのが目的。
 写真は多くの被害をもたらした防府市の老人ホームや国道262号の被災現場、麻生首相や二井関成知事による被災者への激励の様子など47点を展示。被災者に対する相談窓口の案内、支援に関する県の取り組みも紹介している。 
 展示期限は決めておらず、今後も新しい状況を知らせる写真や情報を紹介する。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月31日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single