宇部市花火大会、6万人が楽しむ

20090726d.jpg 第55回宇部市花火大会は25日、宇部港で開かれた。県内最大の1万3000発が打ち上げられ、見物客6万人(主催者発表)が楽しんだ


 大雨被害の復興を願うもの、モモイロペリカンのカッタ君追悼など6つのプログラムで行われた。フィナーレを飾った音楽花火は、大河ドラマのテーマ曲に合わせて約4500発が打ち上げられた。
 時折、激しい雨に見舞われたが、海岸線は家族連れや若者、浴衣姿の女性らでごった返し、夏の夜空をカラフルに彩る大輪の花を楽しんだ。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ