阿知須学童クラブが手づくり電池

20090729c.jpg 山口市の阿知須学童クラブと、その兄弟や姉妹を対象にした「電池教室」が29日、あじす保育園隣接の同クラブで開かれた。60人が参加し、電池づくりを楽しんだ。


 手作り電池のキットを使って制作。内側に紙が敷かれてた電池サイズの亜鉛缶に水を注ぎ、紙を湿らせてから二酸化マンガンを入れ、材料が半分くらいの量になるまで棒で突いた。亜鉛缶に封口板をはめ込み、中央部に炭素棒を挿してキャップをして完成。外側のラベルに思い思いの絵を描いたり、シールを張ったりして、それぞれの個性が光る電池を仕上げた。
 電池が出来上がると、豆電球が付くかどうかを試して、仕上がりをチェック。泉元文那さん(阿知須小5年)は「もっと複雑かと思っていたけど、簡単にできた。面白かった」と話した。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single