地元3大学の連携プログラムを文科省が採択

 山口県立大・山口東京理科大・山口学芸大の3大学が共同応募した文部科学省の戦略的大学連携支援プログラムに、「個性的小規模大学連携による地域活性型e-quality仮想的大学の創生」がこのほど採択された。


 同プログラムは、地域密着で特色ある教育研究に取り組んでいる小規模大学が連携、共同研究を地域の活性化に役立てる。2009年から3年間の指定で、総事業費は約1億5000万円。
 事業内容は▽高大接続プログラム▽語学・情報など各大に共通する科目教材の開発▽自治体などの連携によるインターンシップ▽3大学生による地域課題のフィールド実習など。 研究成果を生かし、若者の県内大学への進学、県内企業への就職促進、地域活性化シーズの発掘や活用などを図りたいとしている。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ