二井知事、激甚法適用を国に要望

20090724a.jpg 死者11人、行方不明6人を出した豪雨被害で、山口県は23日災害対策本部会議を開いた。二井関成知事は「復旧に向けての予算措置などを政府に要請する」と述べた。


 会議では山口・防府地区を中心に災害状況の報告。山口大医学部付属病院など3つの医療機関で組織するDMAT(災害派遣医療チーム)の出動が報告された。同チームの出動は2005年の発足以来初めて。
 今週末にも再び雨が予報されているため、二井知事は「二次災害も懸念されるため、災害対策本部は継続する。復旧と被災者の対応に同時に取り組む」とした。
 また、来週早々にも国に激甚法(激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律)適用を要望する。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single