久保田后子市長が初登庁、早速大雨被害の対応指示

20090721i.jpg 18日付で新市長に就任した久保田后子市長(54)が21日、初登庁した。


 選挙戦で掲げた公約に沿って専用公用車を使わず、自宅のある西岐波から市役所までは市営バスを利用。職員訓示では市政運営の基本方針として「新たな改革への船出」「市役所の使命」「さらなるチャレンジ精神」の3項目を示し、理解、共感、奮起を求めながら「市民のために、一緒に楽しく明るく働こう」と呼び掛けた。
 18日から、全国高校野球選手権大会山口大会宇部会場開会式への出席など、積極的に公務をこなしている。初登庁では、バス停に降り立った後、職員や市民ら300人が大きな拍手で出迎える中を笑顔で職場入り。議会への就任あいさつのあと、幹部会議で早速、大雨被害の報告などを受け、対応を指示した。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ