総合支援学校のヒマワリ畑が満開

20090717b.jpg 宇部総合支援学校の高等部生徒が育てたヒマワリ畑が見ごろを迎えている。6アールの畑に約1000本が咲き誇り、同校の子供たちや近隣住民の目を楽しませている。


 3年前にヒマワリを植えたところ、小学部の児童が見て大喜び。それ以来、観賞用として、高等部の1年生が毎年育てている。
 作業学習・基礎の授業の一環で栽培。4月にポットに土を詰めて種をまき、5月に小学部の児童や宇部西高の生徒を交えて定植した。授業のある毎週水曜日は、2-6時間目まで畑で作業。雑草を抜いたり、追肥をしたりして大きくした。「土に触れながら、指示通りに作業することを学んでいる。将来の就労に役立てば」と担当教員。
 見ごろは8月初めまでで、下旬からは同畑でソバの栽培準備に取り掛かる。

[map:山口県宇部市東須恵813]

カテゴリー:アーカイブ2009年7月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single