山口大学医学部で管理区域外に放射性物質

 山口大は7日、医学部の総合科学実験センターアイソトープ実験施設(放射性物質管理区20090708a.jpg域)以外で、放射性物質を含んだ水溶液の容器2本が見つかったと発表した。汚染検査の結果、放射線障害の恐れや外部への影響はない。


 同大によると3日午後、医学部システム神経科学講座生理実験室で、冷蔵庫を廃棄するための作業中、放射性物質の入った容器(高さ7㌢、直径2・5㌢)2
本を発見。合計の容量は2・5㍉㍑で、放射線基準値(10メガベクレル)以上の10・2メガベクレルを検出、アイソトープ実験施設に保管するとともに、文
部科学省に報告した。
 西田輝夫副学長は記者会見で謝罪し「ほかにも管理施設外に放射性物質がないか徹底調査し、全学で管理徹底を図る」と述べた。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single