竹内傳治と現代ガラス展、図書館で始まる

20090715a.jpg 竹内傳治と現代ガラス展が中央図書館で始まり、来館者が同氏の遺作やガラスに関する書籍に触れている。8月16日まで。


 17日から開催する第4回現代ガラス展の協賛イベントとして開いている。これまでのガラス展の図録、ポスターのほか郷土が生んだガラス造形作家、竹内さん(2001年没)の作品「陽炎」「コンポジション#24」と「無限」と書かれた直筆の色紙が並べられている。「陽炎」は直径約40cmの盛り皿で、炎のよ
うな赤い色が見る人を引き付けている。
 書籍類では「世界ガラス美術全集」「すぐわかるガラスの見わけ方」やステンドグラスに関する本が並べられ、訪れた人の関心を誘っている。

[map:山口県山陽小野田市栄町9-13]

カテゴリー:アーカイブ2009年7月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ