衆議院解散決まり、陣営の動きも急

 麻生太郎首相が13日、衆院を21日にも解散し、8月30日に投開票するという日程を明らかにしたことで、山口3区から立候補を予定している各陣営の動きも慌しくなってきた。


 3区からは、自民党現職の河村建夫内閣官房長官(66)、新人で民主党公認の三浦昇さん(39)、同じく幸福実現党の津田修一さん(46)の3人の出馬が見込まれる。
 首相の補佐役を務める河村官房長官の後援会宇部連合会は、17日に宇部後援会事務所を昭和町4丁目に開く。同事務所は「日程に従って準備を進めていくだけ」と話した。
 昨年10月から動いている三浦さんは「最後まで頑張る決意を新たにした。時間が限られているので、効率的なアピールをしていきたい」。事務所開きなどの詳細は早急に詰める。津田さんは9日、北琴芝2丁目に事務所を設置し、支持者と共に勝利への気勢を上げた。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single