発熱外来は休止へ

20090714a.jpg 新型インフルエンザに対する国の運用指針の改定を踏まえ、県は13日、危機管理対策本部幹事会を開いて今後の対応を話し合い、「発熱外来」の休止や「発熱相談センター」の名称と開設時間を変更する方針を決めた。関係機関と協議し、近日中に実施する。


 季節性インフルエンザを含む秋以降の流行期に向けて、医療機関を効率的に活用し、最適な治療を提供する目的で方針を見直した。
 発熱外来の休止に伴い、外来診療は原則として全ての医療機関で実施。各保健所に設置している発熱相談センターは「新型インフルエンザ相談窓口」に変更。開設時間は平日の保健所開所時間内とし、県健康増進課の一般相談窓口も平日の開庁時間内に改める。
 県内の新型インフルエンザ患者は、13日現在で23人が確定するなど拡大している。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single