ミュージカル山陽ありすの家が公演

20090713c.jpg 山陽小野田市を中心に活動している劇団「ミュージカル山陽ありすの家」の第14回定期公演「妖精たちの薔薇(ばら)~ユリシスの森の伝説」は12日、市文化会館で開かれた。昼夜2回公演とも満員となる盛況だった。


 小学生を中心にした団員たちが、妖精たちをイメージしたカラフルな衣装で出演。ステージいっぱいに使った、歌や踊りの演技に会場から大きな拍手がわいた。
 物語ははるか遠い南の島にあるユリシスの森が舞台。春夏秋冬を運んでくるという妖精たちと、ヘンゼルとグレーテル、赤ずきんちゃんたちが出会い、四季を
大切に心をはぐくむ。さらに150年も花を咲かせないバラの木に隠された秘密を探っていくなかで、忘れかけた四季の素晴らしさを、ステージから観客に向
かって訴えた。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ