精華学園高校が開校式典

20090711a.jpg 不登校や高校中退者の受け皿となる、県内初の広域通信・単位制高校の精華学園高の開校式典が10日、宇部全日空ホテルで660人が出席して開かれた。岡村精二理事長と宮本弘校長が感謝の言葉や新学校運営の決意などを述べた。



 岡村理事長は「子供を取り巻く環境は厳しく、行く末に不安を感じていた。精いっぱい頑張ればいつか夢という花が咲く学校にしたい」とあいさつ。
 宮本校長は「賜りし一度限りの人生を、奮起して行け若き君らよ」との歌を披露した。
 また、岸信夫防衛大臣政務官、西村亘副知事、藤田忠夫・宇部市長らがあいさつした。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single